HOME > スリングってなに? > スリングで大切なこと

What is sling?

スリングで大切なこと

安全であること

安全であること

大切な赤ちゃんですから、しっかり支えられるスリングでなくてはなりません。
また、スリングを使うママの動きによって、赤ちゃんがぐらぐらしたり、周りのものにぶつかったりしないように、安定したものをおすすめします。

自分の手作りによるスリングを使っているという人も多いと聞きます。
しかし、生地の強度が弱く破れたり避けたりしてしまったり、リングの素材がスリングに適していなくて破損してしまったなどの実例も報告されています。

最近では、0ヶ月~3ヶ月の首や股関節が安定していない赤ちゃんへのスリングの利用を疑問視する声も上がっています。
弊社ではその不安を解消するために「セーフティベッド」を標準装備し赤ちゃんの健康に十分配慮しました。(スリングの新基準

快適であること

快適であること

スリングは、赤ちゃんにとっても、またママにとっても、快適なものでなければなりません。

赤ちゃんにとっては、成長の段階にあったサイズのスリングでなければ、きゅうくつや不安定になってしまいます。
また、梅雨~夏にかけては通気性も考慮してあげたいものです。
やはり、スリング用に選定された生地やリングを選ぶことが大切です。

ママにとっては、何よりも赤ちゃんの体重を分散できるデザインのスリングを選ぶことが大切です。背中と首で赤ちゃんの体重を支えようとすると、大人の男性でも負担が大きくなってしまいます。
肩と腰に赤ちゃんの体重を分散できるデザインのスリングを、ママの体格に合わせて使用してください。

使いやすいこと

スリングの使いやすさで一番考えたいのは、装着・取り外しのしやすさです。

装着や取り外しのたびに手間がかかるようでは不便ですし、赤ちゃんにとっても危険であったり、ご機嫌が悪くなってしまいます。
安全かつスピーディーに装着・取り外しができるスリングは、赤ちゃんと大人の味方になってくれます。

また、すぐれたスリングは、授乳や寝かしつけるときのことも考えてデザインされています。
スリングで赤ちゃんを抱いているときにも簡単に授乳ができたり、そのままベッドなどで寝かしつけることができたら、赤ちゃんにもママにもうれしいはずです。

リングつきのスリングは、リングの調節によって奥様も旦那さまも同じスリングを共用することができます。

NEXT スリングの使い方
PAGE TOP
Copyright © 2006-2018 LUCKY All Rights Reserved.